エレクトリフィケーション コンサルティング ホームページ

e-mobilityコンサルタント/ 新商品開発コンサルタントです

ブログ&メルマガ

ブログ一覧

2015年6月15日 和田憲一郎のビリビリ!とくる話

6月14日は、正直、打ちひしがれた一日でした。
というのは、千葉市美術館で開催されている『ドラッカー・コレクション 珠玉の
水墨画』展を見に行った時のことです。

ご承知のとおり、P.F.ドラッカーは30冊以上の著名な本を上梓し、「マネジメントの
父」と呼ばれていますが、一方では日本画の愛好家としても知られています。

このドラッカーが生前購入した水墨画を集めた展示会があるというので、行く前は
単にあちこちにある水墨画を集めたのではと、半分たかをくくっていました。

しかし、実際に行って見てみると、生涯を通じて、室町時代から江戸時代にかけて
200点以上の日本画を購入しており、今回はその中から111点が展示されているとのこと。
有名なものや貴重なものもあり、眼力の高さに驚かされたものでした。

また、購入する際も「真に語りかけてくるもの、家の中で共に暮らしたいと感じる
ものを基本に選んだ」とのことです。

多くの方からなぜ日本美術を収集し鑑賞するのかとの問いに対し、「正気を取り戻し、
世界への視野を正すために日本画を見る」と常々言っていたと妻のドリス・ドラッカーさん
は語っています。まさにこの文章を読んだとき、ビリビリ!とした瞬間でした。

ドラッカーは、日本画について、西洋絵画はルネッサンス以降に幾何学的となり、
中国絵画は代数的手法であるが、日本画は余白を重視するトポロジカル、つまり
位相幾何学的なことに特徴がある。そのため、空間を現実とみなし、視覚化する
ことでデザインを完成させていると考えていたとのこと。

さらに、ドラッカーの収集は江戸時代の禅画にまで及び、白隠禅師や他の禅師が描く
禅画に数多くのショックを受けたと語っています。

スティーブ・ジョブズが禅宗に傾注し、白隠禅師を尊敬していたことは伝えられて
いますが、今回の展示会で点と点が線で繋がったかのような感覚を覚えたものです。

同じ人間ですが、偉大な人は、時間・空間・国境を越えて、そこに心の拠り所を求め、
逆に我々は身近にいながら、感覚的にも鈍く、その良さにも気づいていないことに、
改めて打ちひしがれた一日でした。

また明日から気持ちを入れ直して挑戦ですね。

 

2015年6月1日 和田憲一郎のビリビリ!とくる話

2015年5月29日、初めてとなる『自動車100年塾 第1回設立記念ワークショップ』を
開催し成功裏に終えることができました。当日は、自動車メーカー、部品メーカー、
電機メーカー、ITメーカー、住宅メーカーなど多彩な方々にお集まりいただき、
ご参加いただいた方には厚く御礼を申し上げます。

本件、構想から4ヶ月でこのような盛大な会を催すことでき感謝に堪えません。
当日は、講師として「NPO法人産学連携推進機構」理事長の妹尾堅一郎先生をお招きし、
『ロボットとしての自動車、サービスとしての自動車』というテーマにて、予定時間を
大幅に超える情熱溢れる講演をしていただきました。

私も引き込まれるようにノートを取り、終わってみるとノート8ページにまでなって
いました。多くの示唆に富んだ話がありましたが、特に印象に残っている内容は
「上位レイヤーでイノベーションを起されると、下位レイヤーの産業は壊滅する」
という言葉でした。

現在起こっている異業種格闘技の中で、自動車産業がいつまでも上位レイヤーで
いられるのか、はたまた異業種の従属になってしまうのか、まさに考えさせられる
内容であり、ビリビリ!とした瞬間でした。

講演終了後には、妹尾先生の問題提起に対して、チームを編成し、自由討議による
グループディスカッションを行いました。これも企画段階から、単に講演を聞いて
帰るのではなく、参加者同士が講演内容に対して、どうとらえたのか、今後どうすべき
なのかを議論することで、内容が一段と深まると考えたからです。

その後、ファシリテータによる発表を行い、さらに妹尾先生から問題認識と今後
へのアドバイスもいただきました。まさに二重に学んだような気がします。

この塾は3ヶ月毎に開催を計画しており、次回は9月初旬の予定です。次回ご都合
つく方は、追って連絡致しますのでご参加いただけると幸甚です。

2015年5月18日 和田憲一郎のビリビリ!とくる話

1週間ぶりに中国出張を終えて、土曜日に帰国しました。
今回も、複数の場所にて中国側とビジネス打合せを行いましたが、移動の際に
感じたことをお伝えしたいと思います。

最大のギャップは中国の現状に対する認識でしょうか。

日本のメディアは、中国経済の減速などと、ネガティブな面のみを報道しますが、
成長している分野、伸びている分野などの話はほとんど報道しません。
良いことは書かず、悪いことの情報のみ載せるという形です。

しかし、これは本当でしょうか。

幾つかの場所を訪問してみても、道路工事、地下鉄建設、大型ショッピングセンター、
高層オフィスビル、大型マンション、自動車工場建設など、まだまだこれからと
いうところが多々あります。確かに、既に建設済みで、売れ残ったマンションなどは
あるかもしれませんが、あれだけの人口がある国であり、より良い住処を欲しがる人
はこれからも出てくるのではないでしょうか。

私の実感としては、成長スピードは従来より落ちたけれど、右肩上がりはまだまだ
続くというのが予想です。

もう一つは、中国でもCCTVを中心に、日本の「新安保法制」の話が連日報道されて
いました。あれっと思ったことは、これに関して、政府の動きだけでなく、それに
対するデモの様子や市民の声なども同時に報道していたことです。

中国では、政府の政策に対して公に反旗を翻すことはできません。しかし、このような
人々の画面を見ていて、中国の人はどのような感情を持つのだろうと、ふと思った
次第です。人々の認識は次第に変化していくのかもしれません。

2015年4月26日 和田憲一郎のビリビリ!とくる話

「自動車100年塾」の設立について

この度、自動車に関連した仕事に携わっている3人が集まり、手弁当的活動ですが、勉強会として「自動車100年塾」を立ち上げることと致しました。

発端は、2月上旬まで遡ります。旧知の3人が集まって話をしていた際、自動車産業は一見好景気を謳歌しているが、将来を考えると欧米に対して、このままでは負けてしまうのではないか。いや既に負け始めているのではないかということになりました。

というのは、将来を考えたとき、どうみても自動車産業は従来とは異なる発想が求められるのですが、それに対して自動車関係者の多くは、従来の発想に閉じこもりがちであり、なかなかその発想から出ようとしていないのではないかと。
また知見や視野を広げたくても、セミナーなどは数多く開催されていうものの、一方通行であり、交流も含めてそのような場がないのではとの結論に至りました。

それで、まさに勝手連的な発想ですが、我々3人がそのような場を創ることのお手伝いを出来ないかと考えたものです。

第1回の活動は以下HPにあるとおり5月29日(金)を予定しております。
初回の講師として、著書『技術力で優る日本が、なぜ事業で負けるのか』などで著名な産学連携推進機構理事長の妹尾堅一郎先生に、心意気をご説明し快諾していただきました。

この活動は3ヶ月に1度の割合にて開催し、年4回ペースで計画しております。
今回初めてとなりますが、下記HPを見て、もし「ビリビリ!」とこられた方は、まだ少し席もありますので、ご参加申請いただけると幸甚です。

http://carnorama.jp/auto100.html